通信回線の帯域の太さと設備のところ

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードという名前の小型のICカード「SIMカード」のことです。

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

今あるスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

ドコモの回線を使用している業者であればdocomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。

そんな時は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、できればSIMロック解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

したがって、スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると各社によって違う場合があります。

具体例として昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。

通常、帯域がしっかりしていれば利用者が増加しても、通信速度は低下せず、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる事業者を選択する必要があることが分かります。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、メインで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、こうした大手通信会社が手がけるサービスを選択するのもありかもしれません。

スマートフォンやネットワーク接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMを利用することができます。

格安SIMを使うことができた場合、通信費の削減が出来ます。

大手キャリアだと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月々1000円という費用になることも。

とりあえず、確認してみても良いと思います。

購入はこちら>>>>>xperiaで格安SIMのテザリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です